ここから本文です

高性能チャッキー制作の裏側に迫る「チャイルド・プレイ」特別映像

7/12(金) 18:05配信

映画ナタリー

7月19日に全国公開となる「チャイルド・プレイ」より、殺人人形チャッキー制作の裏側に迫る映像がYouTubeで解禁された。

【動画】「チャイルド・プレイ」特別映像(チャッキー制作の裏側)(メディアギャラリー他15件)

マーク・ハミルがチャッキーに声を当て、ラース・クレヴバーグが監督を務めた本作。AI技術を搭載したチャッキーが、主人公の少年アンディをゆがんだ愛情で追い詰めていくさまが描かれる。本作でチャッキーは、コンピューターによって制御されたロボットを人工の皮膚で覆い、リアルで滑らかな造形を演出する技術・アニマトロニクスによって息を吹き込まれた。映像では、フェイスパーツや骨格の実物、眼球の動きをCGで表現する様子などを観ることができる。

また、クレヴバーグをはじめとするスタッフやキャストへのインタビューも収録。アンディを演じたガブリエル・ベイトマンは「チャッキーはCGになると思ってた。でも(実際の現場には)人形が6体もあって、動くし顔の表情も変わるんだ」と驚いたことを明かしている。

※「チャイルド・プレイ」はR15+指定作品



(c) 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved. CHILD’S PLAY is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.

最終更新:7/19(金) 12:04
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事