ここから本文です

秒間10連射できるナーフガンの“自作ガトリング砲”現る

7/12(金) 17:59配信

Impress Watch

 “ナーフガン(Nerf Gun)”をご存知だろうか、いわゆる殺傷能力がないおもちゃの銃で、柔らかな素材で作られた弾丸(ボールやダーツ)を飛ばして遊ぶ子供向けの商品だ。

【この記事に関する別の画像を見る】

 このおもちゃの銃を、凶悪なガトリング砲として作成してしまった動画がYouTubeにアップロードされている。工業デザイナーのIvan Miranda氏が手がけた「Nerf Gatling Gun」は、テニスボールくらいの大きさのゴムボールを秒間10発も発射でき、最大74発を装填可能。砲口速度は時速100kmと高速でもある。

 本体のフレームは3Dプリンタで作られたもので、ファンを使った吸引力でボールを吸い込むとともに発射する仕組みを採用。本物のガトリング砲のように複数のバレルが回転しているわけではないが、全長1.22mと巨大で、重量も12kgとかなり大がかりだ。ハンドル部分にあるボタンを押すと発射。ファン回転数を上げてボールの速度を上げるボタンなども装備するといった凝った仕様も見受けられる。

PC Watch,中村 真司

最終更新:7/12(金) 17:59
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事