ここから本文です

【球宴】西武・森、フルスイングで広島・大瀬良粉砕の特大先制2ラン「完璧でした」

7/12(金) 19:56配信

スポーツ報知

◆マイナビオールスターゲーム2019 全セ―全パ(12日・東京ドーム)

 2回2死一塁で全パの西武・森が右翼席への1号2ランで2点を先制した。

【写真】これぞ球宴!打たれた大瀬良はこの笑顔

 打った瞬間、ホームランと分かる打球だった。森が大瀬良の148キロ直球をフルスイングすると、角度42度がついた打球速度166キロの白球が、東京ドームの右翼ポール際へと飛び込んだ。

 本塁打の飛距離は116メートル。森がダイヤモンドを一周している間には、球宴の力と力の勝負らしく、打たれた全セ・大瀬良からすがすがしさすら感じさせる笑顔がこぼれた。またファンからも大きな拍手が沸き起こっていた。

 森は「完璧でした。(本塁打は)狙っていた」としてやったりの表情。フルスイングについても「自分の力以上に(振った)」と話していた。

最終更新:7/12(金) 19:59
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ