ここから本文です

G大阪の韓国代表FW黄儀助がフランス1部のボルドーに移籍へ

7/12(金) 20:33配信

スポーツ報知

 G大阪の韓国代表FW黄儀助(26)がフランス1部のボルドーからオファーを受け、今夏の移籍が濃厚となった。12日、G大阪のクラブ幹部がオファーを認めた。黄は昨季J1で16ゴールを挙げ、チームのJ1残留に大きく貢献。今季はここまで4ゴールにとどまっていたが、本人がかねてより希望していた欧州クラブからのオファーが届き、すでに移籍へ向けて最終調整に入った。移籍金は約2億円(推定)。黄は「まだ正確には決まっていないので、自分からは何も言えない。(清水戦は)ゴールを決めてサポーターを喜ばせたい」とG大阪でのラストマッチとなる可能性もある13日・清水戦(パナスタ)を見据えた。

 G大阪は今夏、元日本代表FW宇佐美を獲得したが、一方で元韓国代表DF呉がF東京に、MF田中が大分に移籍。U―20日本代表FW中村もベルギー1部・ワーレヘムなど3クラブからオファーを受けており、移籍の可能性がある。宮本恒靖監督(42)は、アジアから欧州へと移籍する選手が増える流れを、サッカー界として前向きにとらえる一方「チームを預かる身としては、頭を悩ませるところ」と話した。

最終更新:7/13(土) 17:31
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事