ここから本文です

【日本アマ】7アンダー単独首位の清水大成、2打差で追う石川遼の弟・石川航、世界アマ29位中島啓太のコメント集 日本アマ3日目

7/12(金) 8:10配信

ゴルフネットワーク

 日本ゴルフ協会(JGA)が主催する2019年度(第104回)日本アマチュアゴルフ選手権競技は10日、三重県の伊勢カントリークラブを舞台に第3ラウンドの競技を終了。通算7アンダーとした清水大成(日大3年)が今年のアマチュア日本一に王手をかけた。また、この日のベストスコア「67」をマークした石川航(日体大2年)、中島啓太(日体大1年)の日体大コンビが2打差の4位タイから逆転優勝を狙う。

【動画】プロも憧れるウーストヘイゼンのビューティフルスイング

清水大成「ライン読みが良く安心して打てている」

 (伊勢CCについて)3日間回ってみての印象としては、自分の思っているショットを打たないと簡単にボギーを打ってしまうので、しっかりとマネジメントをしてに打っていく技術が大事だと思います。

 7番は基本はフェアウェイの丘を越していくんですけど、今日はミスショットをしてしまって、ちょっと左足下がりのところに行ってしまいましたが、残り距離が100とか110ヤードだったので、ウェッジでピンはオーバーしないように、徹底して手前から攻めました。

 グリーン上については、いまライン読みがかなり良くて安心して打っていけているので、そこが以前より変わったかなと思います。

 やっぱり勝ちたいんですけど、そこよりも自分の目標スコアに対してしっかりと組み立てて、1打1打集中していくことが大事だと思います。二桁アンダーには乗せないと勝てないかなと思っているので、3つ4つは行きたいですね。

石川航「4アンダーというスコアはすごい満足しています」

 今日はショットとパットが噛み合っていて、バーディがいっぱい獲れたので良かったかなと思います。4アンダーというスコアはすごく満足しています。

 ショットが良くて、今日はパッティングがすごい入ってくれて、ライン読みはキャディさんに任せたんですけど、それがすごくはまったかなという感じです。

 トップとそこそこ近い位置にいると思うので(2打差の4位タイ)、トップのスコアを意識して、優勝争いの中で最後までプレー出来ればいいなと思います。

(先週兄の石川遼が優勝して)そんな特に深い話はなかったんですけど、「優勝おめでとう」と言って、「日本アマ頑張ってね」みたいなことも少しは言われたと思います。(それに対して)「頑張ります」と答えました。お兄ちゃんの優勝はずっと中継で応援していて、優勝してくれたのはすごい嬉しかったです。

中島啓太「自分のプレーに集中して、チャンスを待ちたい」

 今日は少しショットが良くなかったんですけど、その分ショートパットが入ってくれたので、イーブンで回れて良かったかなと思います。

 プランは良かったんですけど、ティーショットが悪く、ラフからのセカンドが多くて、ショートサイドに外してしまうミスがあったので、そこは改善していけたらボギーも減るかなと思います。

 明日は自分のスコアも周りの方のスコアも意識しないで、今日と同じようにしっかりゲームプランを立てて、自分のプレーに集中していけたら、もしかしたらチャンスがあるかもしれないので、そのチャンスを待って頑張っていきたいと思います。

最終更新:7/12(金) 8:10
ゴルフネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事