ここから本文です

デ・ヨング、バルサのスタイルについて言及「中盤の選手達にとって完璧」

7/12(金) 6:50配信

SPORT.es

FCバルセロナのチャンネル『バルサTV』は、水曜日の正午に新加入選手であるオランダ人MFフレンキー・デ・ヨングのインタビューが夜(22:00~)に放送される事を発表していた。

デ・ヨング、バルサでの新背番号に対するこだわりが凄い

クラブのマスコミ担当者達は、デ・ヨングのアスルグラナでの第一印象や、幼少期からバルサに愛着があった事、そして彼のスタイルやプレーについて言及しているシーンを短くカットして放送している。

デ・ヨングはバルセロナが「歴史を通じて偉大なMFを擁してきた」クラブであり、「ピッチの中央でボールを保持し、プレーをコントロールすること」がベースであるため、「中盤の選手達にとっては完璧なプレースタイルである」と主張している。

同選手はメンバー達の偉大なクオリティーについても強調している。「彼ら(彼の新たなチームメイト達)と一緒に練習し、試合を戦い、多くのタイトルを勝ち取りたいと思っているよ」

デ・ヨングは「攻撃的なプレーが好きだね」と認め、そのため彼がエルネスト・バルベルデのプランにうまくはまり、チームに加わることを楽しむができると確信しているようだ。

サッカーの歴史におけるクライフの選手や監督としての影響力や、アヤックスやバルサでの重要な役割によって、フレンキーの同郷人としてヨハン・クライフについて語らずにはいられなかった。「クライフの哲学(プレーの)だと思う。それはバルサとアヤックスの一部である」と締めくくった。

(文:SPORT)

最終更新:7/12(金) 6:50
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事