ここから本文です

【動画】北日本・東日本は雨でひんやり 西日本は真夏日続出(12日7時更新)

7/12(金) 7:23配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 北日本や東日本は、日本海と本州南岸を進む低気圧の影響で広く雨が降りそうです。太平洋側の地域では気温があまり上がらず、東京では8日連続で最高気温が25℃を下回る見込みです。きょうも涼しく感じるでしょう。一方、西日本では日差しが届き、真夏日になる所が多くなりそうです。

 きょうは西日本の太平洋側で、晴れ間が広がるでしょう。その他の地域は雲が多く、東日本や北日本では広く雨が降りそうです。日中の気温は、西日本で30℃以上の真夏日になる一方で、東京や仙台などでは25℃に届かず、きょうも5月ぐらいの涼しさとなりそうです。きょう東京で最高気温が25℃に届かなければ、8日連続で夏日にならず、記録的な冷夏となった1993年に並びます。

 東海や関東では昼過ぎにかけて雨雲がかかる見込みです。千葉県や茨城県の沿岸部では、夕方まで雨が続く所もあるでしょう。東北では午後も雨が降ったりやんだりとなる見込みです。北海道は早い所で昼過ぎから雨が降りはじめ、夜は山沿いを中心に雨脚が強まることもありそうです。

 土曜日は西日本に、再び前線が近づいてくる見込みで、あすからの三連休はまた不安定な天気になるでしょう。

 この先も西日本や東日本では、雨の多い梅雨空が続く見込みです。平年より気温の低い日が多かった、関東や東北の太平洋側でも、あすは25℃以上の夏日になりそうです。急に気温が上がりますので、熱中症にはお気を付け下さい。

(気象予報士・柴本愛沙)

最終更新:7/12(金) 7:23
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事