ここから本文です

営利目的で住宅で大麻を栽培か 大麻取締法違反の疑いで男2人を逮捕 岡山・倉敷市

7/12(金) 11:51配信

KSB瀬戸内海放送

 営利目的で乾燥大麻を所持していたとして、男2人が11日逮捕されました。2人は岡山県倉敷市の住宅で大麻を栽培していたとみられています。

(記者)
「午前9時すぎです、捜査員が大麻の鉢を運び出しています」

 大麻取締法違反の疑いで11日逮捕されたのは、韓国籍で住所不定無職の、朴時成容疑者(59)と倉敷市広江の無職
、米田昌義容疑者(50)です。

 警察の調べによりますと2人は営利目的で乾燥大麻約40グラムを所持していた疑いが持たれています。

 警察は12日朝、米田容疑者の自宅を家宅捜索し、大麻草とみられる植物の鉢植え約40個と苗、照明を押収しました。
 
 警察は2人がこの家の2階で大麻を栽培していたとみていて、販売ルートや組織的に行っていたかなどについて調べています。2人の認否は明らかにしていません。

最終更新:7/12(金) 17:58
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事