ここから本文です

「そんなにアメリカが嫌いなら出ていけ」女子W杯優勝のラピノーを批判、プロ野球選手が弁明

7/12(金) 18:01配信

BuzzFeed Japan

女子サッカーW杯フランス大会で、アメリカ代表の連覇に貢献し、大会MVPと得点王に輝いたミーガン・ラピノー選手。

トランプ政権を批判する発言などで注目されてきたラピノー選手に対して、日本のプロ野球で活躍するアメリカとカナダ出身の選手たちが「そんなにアメリカが嫌いなら出て行け」「同感だ」とツイートし、一部で批判の声が上がっている。【BuzzFeed Japan/伊吹早織】

「そんなにアメリカが嫌いなら出て行け」

投稿したのは、アメリカ出身で福岡ソフトバンクホークスに所属しているデニス・サファテ選手と、カナダ出身で読売ジャイアンツのスコット・マシソン選手。

7月9日午前、サファテ選手がラピノー選手に宛てて「おい @mPinoe(ラピノー選手のTwitter)、そんなにアメリカのことが嫌いなら、出て行け!誰も止めないぞ」とツイートした。

この投稿に対して、マシソン選手が「同感だ。アメリカ以外だったらどうなるか見に行けばいい」と返信した。7月12日午後3時現在、ツイートは削除されている。

サファテ選手らの投稿には「ラピノー選手の勇気と強さがアメリカを勝利に導いた。あなたの発言はアメリカを貶めている」「女性スポーツ選手の権利向上を求める人に対して、差別的・暴力的な発言する人物は、ソフトバンクホークスにふさわしいとは思えません」などと、批判の声が寄せられた。

サファテ選手は、「彼女は国旗を侮辱し、国歌斉唱でも起立しなかった」とのちに弁明した。何が起きたのか。

トランプ政権を批判「ホワイトハウスには行かない」

両選手がリプライを寄せたラピノー選手は、今年1月のインタビューで、「W杯で優勝してホワイトハウスに行くのが楽しみですか?」と問われ、「くそホワイトハウスなんかに行くわけがない」と答えた。

この発言は話題を呼び、トランプ大統領が大会中に、「スポーツリーグやチームは、ホワイトハウスに来るのが大好きだ」「ミーガンは口を動かす前に勝て!仕事をしろ!」「ミーガンはこの国、ホワイトハウス、または国旗を侮辱するべきではない」などと不満をあらわにする事態となった。

大統領はツイートの中で、チームを招待すると表明したものの、ラピノー選手は「私は行かないし、話をしたチームメートも全員行かないと言っている」「みんなトランプ政権に認められたいとも、汚されたいとも思っていないはずだ」とコメントした。

また、大会後、優勝を喜ぶラピノー選手が「アメリカ国旗を踏みつけた」という情報がネット上で出回り、批判する声が上がっていた。

ところが、根拠とされる動画を確認すると、ラピノー選手の隣にいた別の選手が国旗を地面に落とし、スタンドに向かってアピールしていたラピノー選手の足に触れる様子のみが映っている。

アメリカのファクトチェックサイト「Snopes」は、意図的に「踏みつけた」とは言い難いと指摘している。

1/2ページ

最終更新:7/13(土) 11:52
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事