ここから本文です

堅調な実績を示すヤマハ・レンタルビジネスの現状 有効活用で時短・コストを抑えた旅行が可能に

7/12(金) 16:03配信

バイクのニュース

ユーザー層の若返りも目立つバイクレンタル市場

 ヤマハが2018年10月に国内主要メーカーとして初導入したバイクレンタルが、登場以来、右肩上がりに推移しています。サービスを開始してから9ヶ月が経過したヤマハバイクレンタルは、なぜ堅調な実績を示しているのでしょうか。

有効活用で時短旅行も可能! ヤマハバイクレンタルの画像を見る

 今回はユーザー層や利用者の構成、人気車種などについてヤマハ発動機販売・広報・商品企画グループ主任の井下田(いげた)憲弘さんと、ユーザーと直接ふれあうYSP西東京代表の横田地(よこたち)崇さんにうかがってみました。

――サービス開始から半年の時点で取材させて頂いた際には、ユーザー数も増加傾向にあるとお聞きしましたが、その後の推移はどのようなものでしょうか。

井下田:具体的な数字は伏せさせていただきますが、サービス開始から半年となる2019年3月末時点から倍近く増えています。年齢層については以前と同様に推移していますが、会員様の平均年齢は以前よりも5歳近く若い40歳、利用者の平均年齢も約39歳と3月時点よりも低年齢化しています。

――実際に利用されるユーザーは、具体的にどのような使い方をされる方が多いのでしょうか。

横田地:店舗にもよるでしょうが、若い方の中には片道600km近くのツーリングに行かれる方や、一週間掛けて楽しまれる方までいます。40代の方などでは、すでにバイクを所有されているご友人の方と一緒にツーリングに行くためにバイクレンタルを利用するという方もいらっしゃいます。また、利用距離の平均は200km前後が多いです。

――近年では女性ライダーも増加傾向にあるように感じられますが、男女比はどのような構成になっていますか。

井下田:現状ではほぼ男性という状況です。しかし興味深いことに、ヤマハが昨年より“バイクに安全に乗り続けていただくため”の施策として開催しているYRA(ヤマハ・ライディング・アカデミー)を受講された後に、レンタルバイクを利用されている方の6割が女性という結果になっています。受講される方からは公道を走るのが怖いという意見も多いので、こうした催しを行うことで、心のハードルを下げ、キッカケを作ることで女性利用者も増えていくのではと考えています。

――最も人気のあるモデルや、車両の入れ替え時期、取り扱う車種の選定などについて教えてください。

井下田:一番はMT-03、次いでR-25といった状況です。こちらの2台に関してはモデルチェンジなどもあったことが理由かと思います。また、店舗ごとに取扱う車種に関しては、初期段階のデフォルトはある程度決まっていますが、追加される車両に関してはあるタイミングの中で決めていただくというシステムになっています。

 もちろん、地域によって選ばれやすい車両は違いますので、そうした点については各店舗と個別に連携、対応しています。また、車種の入れ替えに関しては基本的に継続検査を通す前に入れ替えていこうという方向で動いています。

1/3ページ

最終更新:7/12(金) 19:44
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事