ここから本文です

国際結婚で数年後に夫の国へ移住、外貨預金を始めるべき?

7/12(金) 18:33配信

MONEY PLUS

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

海外移住・転勤することになったらiDeCoはどうなる?

今回の相談者は、国際結婚のため近い将来、夫の国へ移住するという35歳の女性。資産のほとんどを普通貯金に預けていることをもったいないと感じているといいます。今後を見据えて外貨預金を始めた方がいいのでしょうか。FPの飯田道子氏がお答えします。

【相談者の悩み】

現在は共働きで安定した生活、また貯蓄ができておりますが、資産のほとんどは金利がほぼ付かない普通貯金であることが気になっております。国際結婚のため、将来的に夫の国への移住を視野に入れており、4~5年後を考えて計画中です。夫は専門職なので移住後もすぐに仕事が見つかると思いますが、私の分の収入はしばらく見込めないと思うので、収入が下がっても大丈夫なように、今のうちに貯蓄に励み、生活水準を上げすぎないように気をつけています。

投資や運用への知識が乏しいため、ほぼ全資産が貯金になってしまっていてもったいないのですが、今後移住する際に外貨に変えることや、移住先で家を購入すること考えると、今はどのようにしたらいいのかわかりません。今から日本円ではなく、外貨で貯金しておいた方がいいのでしょうか。それとも移住までの期間もお金を眠らせずに積極的に運用すべきでしょうか。子供は今はいませんが、できれば2、3人授れたら嬉しいです。夫の国は教育への支援が手厚いので、子育てに伴う教育費の心配はあまりしておりません。よろしくお願いします。

〈相談者プロフィール〉
・女性、35歳、既婚(夫:37歳)、子供なし
・職業:会社員
・居住形態:持ち家(賃貸)
・居住地:東京都
・毎月の世帯の手取り金額:90万円
・年間の手取りボーナス額:220万円
・毎月の世帯の支出目安:約40万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:50万円
・現在の貯蓄総額:2800万円
・現在の投資総額:200万円
・現在の負債総額:なし

【支出の内訳】
・住居費:13万円
・食費:5万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:なし
・保険料:なし
・通信費:1万円
・車両費:2万円
・お小遣い:10万円
・その他:8万円

1/3ページ

最終更新:7/12(金) 18:33
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事