ここから本文です

MIYAVI「緊張で胃が…」DAIGOの解決法「OIN」とは…!?

7/12(金) 17:42配信

TOKYO FM+

DAIGOがパーソナリティをつとめ、健やかな暮らしをキーワードにお届けするTOKYO FMの番組「DAIGOのOHAYO-WISH!!」。7月7日(日)の放送は、ゲストにアーティストでギタリストのMIYAVIさんが登場しました。

【写真を見る】パーソナリティのDAIGO(写真左)

◆MIYAVIさんの“ご褒美”は?

出会って16年になるという2人。冒頭から、ざっくばらんな雰囲気でトークが弾みます。日本とアメリカを行き来し、ワールドワイドに活躍するMIYAVIさん。時差の影響を受けやすい生活スタイルのため、「自律神経が狂いやすいので、朝起きてシャワーを浴びて、血流を良くします。ストレッチやエクササイズなどのトレーニングをして、朝食はスムージーを摂るなどのルーティンは欠かさずしている」と言います。

DAIGOは、そんなMIYAVIさんの“好きな食べ物”が気になるらしく「例えば、ツアー最終日。自分のご褒美に何を食べる?」と質問すると、すかさず「鍋!」と即答。なかでも、水炊きが一番大好きだそう。同じく“水炊き好き”のDAIGOは「わかる!」と共感しつつ「今度2人で行こうよ! 久しぶりに」と約束を交わします。

◆“スラップ奏法”へのこだわり

MIYAVIさんの代名詞と言えば“スラップ奏法”。ピックを使わず、ギターの弦を指で弾く独自のスタイルで、世界中から注目を集めています。

このスタイルに行き着いた理由を、「海外に行くと素晴らしいギタリストがたくさんいるなかで、日本人である自分が西洋の楽器を弾く意味というか。三味線からもインスピレーションを受けたし、アティチュード(態度)を示していきたかったから」と話します。

7月5日(金)公開の映画「Diner ダイナー」(監督:蜷川実花さん、主演:藤原竜也さん)の主題歌「千客万来」を書き下ろしたMIYAVIさん。DAOKOさんをボーカルに迎えたコラボが話題となっています。DAIGOは「曲もすごくカッコイイし、DAOKOさんの声がすごく透き通っている」と感想を口にし、MIYAVIさんは「今の“TOKYO”を象徴するような彼女のスタイルや声も含めて、いい塩梅に落ち着いたんじゃないかな」と手応えを語りました。

さらに、7月24日(水)には、約3年ぶりとなるオリジナルアルバム『NO SLEEP TILL TOKYO』をリリースするMIYAVIさん。これまで、さまざまなボーカリストとコラボレーションした楽曲を発表してきましたが、「海外に出てギターで勝負したいという気持ちが自分のなかにあって。それは今後も続けていくけど、今回は自分の声、歌詞で表現したかった。世界中で応援してくれる人たちにとっては自分の声も作品の一部なので、歌に再挑戦してみたかった」と思いを語ります。

本作を聴いたDAIGOが「歌もすごく素敵だよね」と絶賛すると、「プロのDAIGOさんに言われると(笑)」と思わず照れてしまうひと幕も。

1/2ページ

最終更新:7/12(金) 17:42
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事