ここから本文です

木村太一が日本アマ制覇 中島啓太は2位、石川遼の弟・航は15位

7/12(金) 14:53配信

my caddie

 日本ゴルフ協会(JGA)が主催する2019年度(第104回)日本アマチュアゴルフ選手権競技は12日、三重県の伊勢カントリークラブで最終ラウンドが行われ、木村太一(日本大3年)が優勝した。

 首位と1打差2位タイから出た木村は前半3番パー5でイーグルを奪うなど「67」で回り、通算10アンダーで勝利を掴んだ。

 通算8アンダー単独2位に2018年アジア大会で個人・団体で金メダルを獲得した中島啓太(日本体育大1年)、通算7アンダー単独3位に今年5月の国内男子ツアー「アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ」でローアマ(2位タイ)を獲得した米澤蓮(東北福祉大2年)が入った。

 石川遼の弟・航(日本体育大2年)は3アンダー15位タイで終えている。

最終更新:7/12(金) 16:08
my caddie

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事