ここから本文です

「赤井沙希の最も過酷で哀れな姿を見せる」世志琥、不敵な笑み 7.15DDTは“試練”のシングル2大決戦「鈴木秀樹vs納谷幸男」も

7/12(金) 11:31配信

AbemaTIMES

 7月15日に開催されるDDT大田区総合体育館大会では、ビッグマッチらしく豪華かつテーマ性の強いカードが並んでいる。そんな中シングルマッチでは、DDT勢にとって“試練”の闘いが組まれた。

 その一つが赤井沙希vs世志琥。赤井にとって世志琥は2013年のデビュー戦(6人タッグマッチ)で対戦した相手であり「自分のターニングポイントで必ず目の前にいる選手」(赤井)。そしてここでマッチメイクされた意味として「世志琥選手との闘いにケジメをつけたい」とも。

 女子プロレス界トップの一角をなす世志琥に勝つことが、赤井には一種のバロメーター。世志琥は「赤井沙希のレスラー人生で最も過酷で哀れな姿をお見せする」と豪語しており、まずはその余裕を赤井が消せるかどうかがポイントになってくる。

 今年5月、リアルジャパンプロレスからDDTに移籍してきた納谷幸男は鈴木秀樹と対戦する。納谷は祖父が横綱・大鵬、父が貴闘力という、いわゆる“サラブレッド”。しかしリアルジャパン時代、鈴木との対戦で叩きのめされた上に強烈なダメ出しを食らった経験がある。

 今回はそんな過去を払拭するための闘いだが、鈴木は大会前の会見から容赦がなかった。“人間風車”ビル・ロビンソンの教えを受け、自身もダブルアーム・スープレックスを必殺技とする実力者は言葉の鋭さも一級品だ。

「(納谷は)バックボーンがなければ、こういう会見に出るようなキャリアの選手ではない。今後はDDTの他の若い選手と同じラインで」

 納谷は鈴木との対戦に向け「いい試合をするとか絶対に勝つとは言えないですが、気持ちでぶつかっていきたい」と意気込みを語った。だが鈴木の“返し”はあまりに的確だった。

「勝ちたいという気持ちがない選手とは闘いたくない。どういう状況でもどんなキャリアでも、相手をぶっ倒そうという気持ちがなければリングに立つべきではないと思います。それを試合で教えて、ダメだったらそのまま終わったほうがプロレス界のためにも本人のためにもいい」

 納谷には、鈴木の言葉に対して何を思うのかという質問があったが、それも鈴木が「ボロが出るからしゃべらないほうがいい。いま必要なのはしゃべることじゃなく練習して強くなること」と遮った。

 会見でボコボコにされた状態の納谷。とてつもなく大きな差をどれだけ埋めることができるか、やはりこれも試練の一戦だ。メインのタイトルマッチ、遠藤哲哉vs竹下幸之介も含め、全席無料の“お祭り”興行の中にあるシビアさこそ見逃せない。
文・橋本宗洋

最終更新:7/12(金) 11:54
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事