ここから本文です

イージス艦が香川に初寄港 海上自衛隊の護衛艦「きりしま」高松港で一般公開へ

7/12(金) 17:48配信

KSB瀬戸内海放送

 海上自衛隊の護衛艦「きりしま」が高松港に寄港しました。飛んできたミサイルを撃ち落とすことができる「イージス艦」の寄港は香川県で初めてです。

 護衛艦「きりしま」は母港である横須賀港を出て、1週間ほど各地で訓練を行い、12日午前10時にサンポート高松に寄港しました。

 「きりしま」は、飛んできたミサイルなどを正確に把握し、撃ち落とすことができるイージスシステムを搭載した、「イージス艦」です。全長161メートル、基準排水量が7250トンで、最大300人が乗ることができます。
 寄港の瞬間を見ようと多くの見物客が訪れました。

(見に来た人はー)
「さすがにイージス艦は大きいです」
「水に浮かんでいる城のごとく、迫力満点でした」

 今回の寄港は、自衛隊への理解を深め、自衛官の募集につなげるのが狙いです。13日から3日間は、艦内の一般公開が行われます。

最終更新:7/12(金) 19:43
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事