ここから本文です

無人島にキンキンに冷えたビールは届くのか? 「ドローン配送」スタート初日に密着

7/12(金) 18:42配信

FNN.jpプライムオンライン

ボタン一つで全自動の配送ドローン

ここ数年、急激に進化を遂げているドローン技術。

NASAは2026年にドローン型の無人探査機を土星最大の衛星・タイタンに打ち上げ、生命誕生の謎を解明する計画を6月27日発表した。

【画像】無人ドローン配達が始まったのはこちらの猿島

そんな中、日本でも楽天が7月4日からドローンを使った一般利用者への有料配送サービスをスタートさせた。

楽天 ドローンUGV事業部 向井秀明ジェネラルマネージャー:
日本初のドローン配送サービス専用に開発された配送用のドローンです。

一体、どんなシステムでどんな物が運べるのか?

「ココ調」は、新たな歴史を刻んだドローン配送の初日に密着した。

スーパーから直送! 1.5km先の島まで約5分

取材班が向かったのは、神奈川県横須賀市にあるスーパー・西友リヴィンよこすか店の屋上。

横山ルリカ リポーター:
スーパーの屋上にドローンがありますよ!結構大きいですね。見たことがないような機器がいっぱい付いています。

幅1m60cm、高さ60cn。最長飛行距離は16kmで、40分間も飛び続けることができるという大型の配送用ドローン。

一般的なドローンと比較すると、その大きさがわかる。

楽天 ドローンUGV事業部 向井秀明ジェネラルマネージャー:
配送用ですので、5kgぐらいの荷物を運ぶ必要があるので、普段見慣れているものよりはかなり大きくなっています。

このドローンで荷物を運ぶ先は、同じく横須賀にある東京湾唯一の無人島・猿島。

海水浴やバーベキューなどで、年間役20万人が訪れる人気の観光地だ。

観光客は1時間に1本出ている船に乗り、10分程で猿島へ。
一方ドローンは、1.5km先にある対岸のスーパーから5分程で直接配送する。

全自動で操縦&安定飛行

そして、このドローン最大の特徴は全自動!ワンプッシュだけで操縦できるようなシステムになっているという。

楽天 ドローンUGV事業部 向井秀明ジェネラルマネージャー:
指を巧みに動かす超絶技巧は必要ないです。

GPSでルートを事前に登録する全自動で、人による操縦が必要ないためドローンにはカメラを搭載していない。

楽天スタッフ:
ドローン離陸します!

横山ルリカ リポーター:
プロペラが回りました。うわ~スゴイ、上がっていきました!重厚感がある!

さらに…

横山ルリカ リポーター:
結構風が吹いているんですけど、真っ直ぐ安定してますね。

今回は撮影のため特別にドローンにカメラを装着。

その映像を見るとほとんど揺れずに猿島へと向かっていることがわかる。

ドローンが自動で安定性を保てるようになっているため、風などの影響を抑えて飛行しているのだ。

1/2ページ

最終更新:7/12(金) 18:42
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事