ここから本文です

「漫画村」運営関与疑い、10人超の家宅捜索 福岡県警

7/12(金) 12:14配信

西日本新聞

 人気漫画を無断で公開するインターネットの海賊版サイト「漫画村」(閉鎖)の著作権法違反事件で、福岡県警などが、サイト運営に関わったとして、主導していた星野路実容疑者(27)を含め10人超の関係先を家宅捜索していたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。県警はこのうち星野容疑者を含め4人の逮捕状を取り、2人を逮捕した。残るメンバーの関与も慎重に調べている。

 県警は10日、アルバイト藤崎孝太(26)と派遣社員伊藤志穂(24)の両容疑者を逮捕。2人は2017年5月29日ごろ、出版権を持つ集英社に無断で、人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の画像ファイルを漫画村で公開した疑いが持たれている。画像データをサイトに掲載する担当だった。

 県警によると、漫画村は15年8月ごろ開設。昨年4月の閉鎖まで漫画の無断掲載を繰り返し、多額の広告収入を得ていた。17年5月、出版社の被害相談を受けて捜査を開始し、これまでに10人超の自宅など関係先を家宅捜索。パソコンや通信機器など250品目、360点を押収したという。メンバーは20代中心の友人同士とみられる。

 星野容疑者は任意の事情聴取を受けた後、昨年5月に出国し、今月7日にフィリピンで拘束された。県警は強制送還され次第、逮捕する方針。

西日本新聞社

最終更新:7/12(金) 12:14
西日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事