ここから本文です

遺体に10カ所の刺し傷 弟が兄を殺害 近所で「すごい声が聞こえた」

7/12(金) 18:11配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

愛知・田原市で、男性が殺害された事件で、遺体には10カ所ほどの刺し傷があったことがわかった。

警察は、逮捕された弟が、強い殺意を抱いて犯行に及んだとみて調べている。

田原市の無職・山田陽平容疑者(27)は、10日から11日未明までの間に、自宅で兄の雅和さん(当時30)を殺害した疑いで、逃走先の宮城・仙台市内で逮捕され、調べに対し、容疑を認めている。

捜査関係者によると、雅和さんの首や背中などには、10カ所ほどの刺し傷などがあったほか、司法解剖の結果、深い傷は心臓にまで達していたことがわかった。

近所の人は「12時ごろだと思ったけどね。すごい悲鳴が聞こえたんですよ。ぎゃーぎゃー声で叫んでいるんだよね。男性の争っているみたいな」と話した。

事件直前、兄弟は口論になっていたとみられ、警察はなんらかのトラブルから、山田容疑者が強い殺意を持って犯行に及んだとみて調べている。

(東海テレビ)

FNN

最終更新:7/12(金) 18:11
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事