ここから本文です

池袋暴走母子死亡、募金で公園に慰霊碑設置へ

7/12(金) 19:52配信

読売新聞オンライン

 東京都豊島区東池袋で高齢ドライバーの車が暴走し、12人が死傷した事故で、豊島区は12日、事故現場の近くに慰霊碑を設置すると発表した。

 慰霊碑は来年4月までに現場近くの区立公園内に設置する予定。設置費用は募金で集め、今月16日から9月末まで振り込みや区役所の募金箱などで受け付ける。

 事故で亡くなった松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)の遺族は「悲しみや悔しさに苛(さいな)まれる日々の中で、力強い後押しをして頂いたと感じました。妻と娘のような交通事故による犠牲者と、悲しむ遺族がいなくなることを心より願っております」とコメントした。

 一方、東京都は12日、高齢ドライバーの運転操作ミスによる事故を減らすため、後付けの「踏み間違い防止装置」を取りつける70歳以上の都民に対し、費用の9割を補助する事業を今月31日から始めると発表した。

 装置を取り扱う都内のカー用品店や自動車販売店約360店舗に申し込めば、自己負担分は1割(4000~1万円程度)で済む。期限は来年8月末まで。

最終更新:7/12(金) 23:02
読売新聞オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事