ここから本文です

大阪でドラえもん展が開幕「会場全体がドラえもんのポケットのよう」

7/12(金) 8:00配信

Lmaga.jp

国内外のアーティスト28組がそれぞれの「ドラえもん」を表現する展覧会『THE ドラえもん展 OSAKA 2019』が、7月12日から「大阪文化館・天保山」(大阪市港区)で開催。11日には会見がおこなわれ、参加アーティストの森村泰昌、増田セバスチャンが登壇した。

【写真】アーティストによるさまざまな表情の「ドラえもん」

東京を皮切りに巡回してきた同展では、現代アーティストの村上隆や奈良美智、写真家の蜷川実花、漫画家のしりあがり寿ら、各界を代表するアーティストがそれぞれのフィルターを通し、世界にひとつだけの新しい「ドラえもん」を創作。会場には絵画や彫刻、写真、アニメーション、ぬいぐるみなどさまざまな技法で表現された作品がずらりと並ぶ。

ドラえもんと同い年&のび太くんと同じ誕生日という増田セバスチャンは、「夢を見れなくなった子どもが多いこんな時代だからこそ、ドラえもんという存在はすごく大切。この展覧会をきっかけに、大阪の子どもたちがドラえもんのことを考えるきっかけになれば」とコメント。

また大阪を拠点に活躍する現代美術家・森村泰昌は、「大阪での開催を待ちわびていました。28組のアーティストが出品していますが、同じようなものがひとつたりともない。ドラえもんはポケットからいろんなものを出すけれど、会場全体もそのポケットのような感じ。それぞれがイマジネーションを巡らせて、おもしろいものがたくさん出ている。ひとつひとつじっくり見ながらその世界を体感してほしい」と呼びかけた。期間は9月23日まで、料金は一般1500円ほか。作品は一部を除き、自由に撮影できる

最終更新:7/12(金) 8:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事