ここから本文です

朝乃山、玉鷲に押し出され2勝4敗 名古屋場所6日目

7/12(金) 17:32配信

北日本新聞

 大相撲名古屋場所6日目の12日、東前頭筆頭の朝乃山(25)=富山市呉羽町出身、高砂部屋=は、関脇玉鷲(片男波部屋)に押し出され、2勝4敗となった。先場所も黒星を喫した相手に完敗し「相撲になっていない。全然駄目」と悔しがった。

 朝乃山は立ち合いで右差しを狙ったが、強烈な喉輪を食らってのけ反り、左からおっつけられ、土俵を割った。

 玉鷲には初優勝した先場所も立ち合いから喉輪で体を起こされ、一気に押し込まれた。またも同じ展開で敗れ、突き押し相撲への対応に課題を残した。支度部屋で対策を問われると、少し間を置いて「立ち合いを考えないと」と力なく話した。

 7日目は関脇御嶽海(出羽海部屋)と対戦する。「勝ち負けにこだわらず前に出る」と気持ちを切り替える。(社会部・堀佑太)

北日本新聞社

最終更新:7/13(土) 0:28
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事