ここから本文です

田口、小嶺被告にリハビリ施設代表は別れ勧める

7/12(金) 5:00配信

日刊スポーツ

大麻取締法違反(所持)の罪で起訴された元KAT-TUNメンバー田口淳之介被告(33)と元女優小嶺麗奈被告(38)の初公判が11日、東京地裁(長池健司裁判長)で開かれ、2人とも起訴事実を認めた。ともに交際継続の意志を明らかにし、小嶺被告は「結婚したいと思います」と話すなど“法廷プロポーズ”が繰り広げられた。検察側は2人に懲役6月を求刑して即日結審。弁護側は執行猶予を求めた。判決は30日。

【写真】田口被告が湾岸署前で土下座謝罪「罪を償います」

▽薬物依存の民間リハビリ施設「茨城ダルク 今日一日ハウス」の岩井喜代仁代表(72)「依存症ではないということだが、2人で今後も生活をするのなら、完全に絶つのはハードルが高いのではないか。大麻や薬物などを一緒に使っていた相手といたら、必ず使いたくなる。本当に絶つのなら、別れるなり、別々に生活をするくらいでないと難しいのではないか」

最終更新:7/12(金) 5:29
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ