ここから本文です

22年ぶり新作「寅さん」が東京国際映画祭OP作品

7/12(金) 6:00配信

日刊スポーツ

人気映画シリーズの第50作目「男はつらいよ お帰り 寅さん」(山田洋次監督、12月27日公開)が、10月28日に開幕する「第32回東京国際映画祭」のオープニング作品に決まった。11日、同映画祭事務局が発表した。

【写真】「男はつらいよ50 おかえり、寅さん」製作発表会見を行った倍賞千恵子、前田吟ら

山田監督は「寅さんシリーズの第50作となる『男はつらいよ お帰り 寅さん』が東京国際映画祭オープニング作品に選ばれたことをうれしく思います。先行き不透明で重く停滞した気分のこの時代に、寅さんのせりふにあるように『生まれてきてよかったと思うことがそのうちあるさ』と、50年をかけて製作したこの映画が日本のみならず世界中で、1人でも多くの観客の、心の希望となることを切に願います」とコメントした。

渥美清さんが寅さんを演じる同シリーズは、第1作の公開から50年を迎えた。「1人の俳優が演じた最も長い映画シリーズ」としてギネス世界記録を保持している。

22年ぶりとなる新作は、寅さんのおい満男(吉岡秀隆)と、満男の初恋の相手イズミ(後藤久美子)のその後の物語を軸に、寅さんの妹さくら(倍賞千恵子)、さくらの夫博(前田吟)、寅さんが最も思いを寄せたマドンナ、リリー(浅丘ルリ子)らが登場する。

最終更新:7/12(金) 7:05
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ