ここから本文です

昨年準V新発田が初戦敗退、新田死球受け降板/新潟

7/12(金) 17:55配信

日刊スポーツ

<高校野球新潟大会:新潟西4-2新発田>◇12日◇2回戦◇新発田市五十公野公園野球場

【写真】新潟東戦で3打席連続で打点をマークした新潟西の長田義志捕手

昨年の準優勝校の新発田が初戦で消えた。新潟西・松島を打ちあぐんだ。アクシデントにも見舞われた。エース新田翔星投手(3年)が2回裏の第1打席で左足付け根に死球を受けて降板。

右翼の守備に入ったが、再登板はできなかった。菅勝監督(45)は「松島君の速球は力があった。(昨年準優勝の)プレッシャーを感じている様子は出さないようにしていたが…」と敗退を悔やんだ。

最終更新:7/15(月) 0:27
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/22(月) 4:45

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい