ここから本文です

門真西・高取将之介21K「9割まっすぐを」/大阪

7/12(金) 19:44配信

日刊スポーツ

<高校野球大阪大会:門真西11-7咲くやこの花>◇12日◇1回戦◇豊中ローズ

門真西の高取将之介投手(3年)が10回を投げ、21奪三振を記録した。「9割まっすぐを投げた」と直球勝負で挑んだ。10回7失点で192球。11回は2番手投手に譲ったが、勝利に貢献した。

【写真】先発した門真西の高取将之介

江籠拓朗監督(29)は「計測したことはないが、140キロ台の球も投げていると思う」とキレのあるストレートを称賛した。

高取は中学まで捕手や内野手をしていた。高校1年の秋に部員が9人しかおらず、投手をできたのが高取だけだったため転向した。2年時まではスピードもあまり出なかったという。「特別なことはしてないが、3年になって急にスピードが上がった」と不思議そうに話した。

最終更新:7/15(月) 6:07
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ