ここから本文です

「フローズン・ビーチ」プレビュー開幕、鈴木杏「さらに精進して各地に」

7/13(土) 8:30配信

ステージナタリー

KERA CROSS 第1弾「フローズン・ビーチ」のプレビュー公演が、昨日7月12日に神奈川・杜のホールはしもと ホールで開幕した。

【写真】KERA CROSS 第1弾「フローズン・ビーチ」より。(撮影:桜井隆幸)(メディアギャラリー他9件)

本作は、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下KERA)の戯曲を、東京・シアタークリエで連続上演するシリーズ「KERA CROSS」の第1弾。鈴木裕美が演出を手がけ、鈴木杏、ブルゾンちえみ、花乃まりあ、シルビア・グラブが出演する。

「フローズン・ビーチ」は、ナイロン100℃がKERAの作・演出で1998年に初演し、翌1999年には第43回岸田國士戯曲賞を受賞したミステリーコメディ。劇中では1987年から2003年までの16年間が8年刻みで描かれる。この物語の“2003年”が、初演および2002年の再演時には未来として作られていた点にも注目したい。

プレビュー初日を前に鈴木杏は出演者を代表してコメントを発表。「戯曲自体もスリリングですが、少人数で台詞量も多い芝居なので、舞台上にいる私たちもスリリングな日々を送っています。でも、やればやる程KERAさんの戯曲の、面白さ、難しさ、楽しさ、を体感しながら日々過ごせているので幸せです」と手応えを語り、「この面白さを観客の皆様にもお伝え出来たらと思い、私たちも稽古を重ねてきました。これから色々な場所で公演をさせて頂きますが、皆様にお楽しみ頂けるように、更に精進して各地に伺いたいと思います。是非、劇場に足を運んで頂けたらと思っています。宜しくお願いします」と観客にメッセージを送っている。

プレビュー公演は7月14日まで。その後本作は、7月25日に新潟・長岡市立劇場 大ホール、28日に福島・いわき芸術文化交流館 アリオス 大ホール、31日から8月11日まで東京・シアタークリエ、16日から18日まで大阪・サンケイホールブリーゼ、21日に静岡・静岡市清水文化会館(マリナート)大ホール、23日に愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール、28日に高知・須崎市立市民文化会館 大ホール、31日に香川・レクザムホール(香川県県民ホール)小ホールで上演される。

■ KERA CROSS 第1弾「フローズン・ビーチ」
2019年7月12日(金)~14日(日)※プレビュー公演
神奈川県 杜のホールはしもと ホール

2019年7月25日(木)
新潟県 長岡市立劇場 大ホール

2019年7月28日(日)
福島県 いわき芸術文化交流館 アリオス 大ホール

2019年7月31日(水)~8月11日(日・祝)
東京都 シアタークリエ

2019年8月16日(金)~18日(日)
大阪府 サンケイホールブリーゼ

2019年8月21日(水)
静岡県 静岡市清水文化会館(マリナート)大ホール

2019年8月23日(金)
愛知県 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

2019年8月28日(水)
高知県 須崎市立市民文化会館 大ホール

2019年8月31日(土)
香川県 レクザムホール(香川県県民ホール)小ホール

作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
演出:鈴木裕美
出演:鈴木杏、ブルゾンちえみ、花乃まりあ、シルビア・グラブ

最終更新:7/13(土) 8:30
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事