ここから本文です

【ホンダF1】3台がトップ10入り。2チームとも力強い走りで幸先のよいスタート

7/13(土) 19:08配信

TopNews

F1イギリスGP(シルバーストーン・サーキット)の初日を終えて、ホンダF1が次のように振り返った。

●【FP2ハイライト動画】ガスリー5番手、フェルスタッペン7番手/F1イギリスGP

■ホンダF1:初日レポート

F1イギリスGP初日の金曜日は、Hondaのパワーユニットを搭載するアストンマーティン・レッドブル・レーシングとレッドブル・トロロッソ・ホンダの両チームが力強い走りをみせ、幸先のよいスタートとなった。

先日のオーストリアGPでのレッドブルのマックス・フェルスタッペンの優勝に続くかたちで、今日はピエール・ガスリーがFP1で後続と約0.5秒もの差をつけてトップタイムをマーク。フェルスタッペンも3番手となったが、セッション自体は何人かのドライバーがコースオフのために赤旗中断となるなど、難しい状況だった。

トロロッソのアレクサンダー・アルボンも芝生を横切りコースオフしてしまった選手の一人ではあったが、FP1をチームメートのダニール・クビアトより4つ上の9番手で終え、力強さをみせた。

午後のセッションもHonda勢4台中3台がトップ10入りを決めるポジティブな結果となった。ガスリーがトップとわずか0.5秒差で5番手となり、風によるマシンのバランスに苦戦したフェルスタッペンが7番手に続いた。アルボンはFP2も9番手のタイムをマークし、クビアトはわずか0.011秒差の11番手。トロロッソとしてはFP1よりもいいかたちでFP2を終えた。

最終更新:7/13(土) 20:27
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事