ここから本文です

吉田に特産シラス販売店開業 情報発信拠点にも

7/13(土) 9:07配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 吉田町特産のシラスを販売する「しらすのまどぐち」が14日、同町片岡の小山城駐車場隣接地にオープンする。イベントなどの情報発信拠点としても位置付ける。地域おこし協力隊が中心となり、開店準備を着々と進めている。

 駄菓子などを販売していた町直営の売店をリニューアルし、にぎわい創出を図る。売店は1989年に設置されたものの、地域の活性化に結びついていないとして、昨年から改装を検討してきた。

 改装作業を担うのは、住宅メーカーでの勤務経験がある地域おこし協力隊の江原駿介さん(25)ら。壁紙を貼り替えたり木材のカウンターを設置したりして、「『海辺の町』を感じられるインテリアにした」(江原さん)。

 釜揚げシラスの販売のほか、町内のシラス加工業者の紹介、観光イベントや移住定住などの情報発信も行う。江原さんは「開店が楽しみ。町のよりディープな魅力を知ってもらえる場所にしたい」と意気込む。

 14日は午前10時に開店する。オープンを記念し、缶バッジの配布や景品が当たる抽選会を予定している。

静岡新聞社

最終更新:7/13(土) 9:07
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事