ここから本文です

オペラ夏の祭典、東京文化会館×新国立劇場「トゥーランドット」幕開け

7/13(土) 18:22配信

ステージナタリー

「オペラ夏の祭典2019ー20 Japan→Tokyo→World」の演目の1つである「トゥーランドット」が、昨日7月12日に東京・東京文化会館 大ホールで開幕した。

【写真】オペラ夏の祭典2019ー20 Japan→Tokyo→World「トゥーランドット」(新制作)より。(c)堀田力丸(メディアギャラリー他18件)

「オペラ夏の祭典2019ー20 Japan→Tokyo→World」は、東京・東京文化会館と東京・新国立劇場が、来年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、各地の劇場と連携して行うオペラプロジェクト。今年はプッチーニ作曲「トゥーランドット」、来年はワーグナー作曲「ニュルンベルクのマイスタージンガー」が上演される。

「トゥーランドット」の指揮を担当する新国立劇場オペラ芸術監督の大野和士は「トゥーランドットは、プッチーニが命をかけた作品。スペクタキュラーな世界観と、人間の繊細な内面を表現することに長けたアレックス・オリエ。スペインの情熱とガウディの建築に見られるような堅固な構築性を合わせ持つバルセロナ交響楽団。そして豪華な歌手陣。彼らと一緒に、このプロジェクトを皆さんにお届けできることを、無上の喜びと感じています」とコメントした。

「トゥーランドット」は全3幕構成で、上演時間は休憩ありの約2時間50分。なお本作は、イタリア語上演、日本語および英語字幕付きとなっている。東京文化会館 大ホールでの公演は明日7月14日まで行われ、その後本作は、18日から22日まで新国立劇場 オペラパレス、27・28日に滋賀・びわ湖ホール 大ホール、8月3・4日に北海道・札幌文化芸術劇場 hitaruで上演される。

■ オペラ夏の祭典2019ー20 Japan→Tokyo→World「トゥーランドット」(新制作)
2019年7月12日(金)~14日(日)
東京都 東京文化会館 大ホール

2019年7月18日(木)~22日(月)
東京都 新国立劇場 オペラパレス

2019年7月27日(土)・28日(日)
滋賀県 びわ湖ホール 大ホール

2019年8月3日(土)・4日(日)
北海道 札幌文化芸術劇場 hitaru

指揮:大野和士
演出:アレックス・オリエ

□ キャスト
トゥーランドット:イレーネ・テオリン / ジェニファー・ウィルソン
カラフ:テオドール・イリンカイ / デヴィッド・ポメロイ
リュー:中村恵理 / 砂川涼子
ティムール:リッカルド・ザネッラート / 妻屋秀和
アルトゥム皇帝:持木弘
ピン:枡貴志 / 森口賢二
パン:与儀巧 / 秋谷直之
ポン:村上敏明 / 糸賀修平
官吏:豊嶋祐壹 / 成田眞
合唱:新国立劇場合唱団 / 藤原歌劇団合唱部 / びわ湖ホール声楽アンサンブル
管弦楽:バルセロナ交響楽団

※「オペラ夏の祭典2019ー20 Japan→Tokyo→World」の「→」は相互矢印が正式表記。

最終更新:7/13(土) 18:22
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事