ここから本文です

日本の負担増含め議論、米次官補 中国や北朝鮮念頭に、三沢で会見

7/13(土) 16:22配信

共同通信

 就任後初めての外国訪問で来日しているスティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は13日、米軍三沢基地(青森県三沢市)で記者会見し、中国や北朝鮮を念頭に「日米の同盟関係は、地域の情勢に対応して常に変化していく」と述べ、日本の将来的な負担増も含めて日本側と幅広く議論したいとの考えを示した。

 日本は防衛費を増額し、米軍との一体運用を可能とする一連の法整備を進めてきたが、トランプ米大統領は最近、日米安全保障条約が「不公平」だと不満を示している。

 スティルウェル氏は日米同盟が片務的だとする主張には反論せず、「同盟は新しい脅威に適応する必要がある」と語った。

最終更新:7/13(土) 16:27
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事