ここから本文です

東尾理子 息子のため電話400回 オールスターチケット入手…修氏から「難しい」

7/13(土) 18:14配信

デイリースポーツ

 プロゴルファーでタレントの東尾理子(43)が12日に更新したブログで、プロ野球・マイナビオールスターゲームのチケットをとるために電話4台を使ってそれぞれ100回ずつかけて手に入れたことを明かした。これまでは父で元西武の東尾修氏に頼んでいたが、今回は「難しい」と言われたという。

【写真】カツラ着用明かした夫・石田純一のビフォーアフター

 理子は、11日に息子が「テレビにかじりついてフレッシュオールスターゲームを観戦していた」と子どもが野球好きであることをつづった。「そんな息子の為に、先週の金曜の朝に頑張った私 何を?本日のオールスターゲームのチケットを取るのを!!」と記した。

 野球のチケットについては、「『よろしくお願いします。』と、じぃじに甘えて取ってもらってばかりいます。それが、今回は難しいと言われ、、、」と修氏が今回はダメだと言ったことを明かした。続けて理子は「自分が行こうと思っていたら諦めますが、そこはやっぱり可愛い息子の為となると気合いが入るのですね チケット販売の時間に家にあった電話4台全てを使ってかけ続けることそれぞれ100回ほど。一つが繋がり、息子リクエストの外野席が取れました」と報告した。

 12日は「野球開始2時間前に着き」とうれしい胸中をあらわに。「練習から、ホームランダービーから、たっぷりと満喫」とつづった。

最終更新:7/13(土) 18:19
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事