ここから本文です

【村田という男】的外れな質問通用しない本物のプロ

7/13(土) 8:05配信

スポニチアネックス

 ◇WBA世界ミドル級タイトルマッチ ○同級4位・村田諒太 TKO2回2分34秒 王者ロブ・ブラント●(2019年7月12日 エディオンアリーナ大阪)

 昨年10月の王座陥落直後は引退を考えながら、現役を続行してボクサー人生を懸けたリングに上がった村田諒太。日本人初の五輪金メダリスト&プロの世界王者の素顔を、新旧担当記者が明かした。

 ボクシング担当になって1年3カ月、まだ村田諒太という人間を語れるほど長い付き合いではない。ただ、彼との出会いがなかったらボクサーに対する認識は大きく違っていたかもしれない。まず、その肉体に魅せられた。大きな上半身に比べて下半身は小さく、決してバランスがとれているとは思わない。だが、性能のみを追求した戦闘機やレーシングカーと共通する機能美を感じた。

 そして、その肉体をつくり上げた思考に興味を持った。彼は常に「評価は他人がするものであって自分がするものではない」というスタンスを貫き、言い訳をしない。ただ、原因は分析し、説明もしてくれる。アスリートであり、本物のプロフェッショナル。こちらが的外れな質問をすれば、あっさり突き放す。プロに接する以上は取材する側もプロとしての自覚を持つべきだと気付かせてくれた。

 野球を始めた息子のことをうれしそうに話す“パパの顔”には人間味があり、金メダリストとか世界王者とか肩書に関係なく、魅力的な人だと思う。(18年~担当・大内 辰祐)

最終更新:7/14(日) 23:32
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事