ここから本文です

「可愛すぎて可愛すぎて」1時間で予約埋まる“マイクロブタカフェ”、「臭い」「汚い」変えたい

7/13(土) 6:30配信

オリコン

 今年3月、都内にオープンした国内初のマイクロブタカフェ『mipig cafe』。オープン以来毎日満席で、約4ヵ月で来店者数2万人を突破。土日の予約はネット受付開始1時間で埋まるほどの人気だ。利用者が「ブタカフェの子ブタちゃん可愛すぎて可愛すぎて皆して母性の塊と化してた」と画像とともにツイートすると、14万いいねがつく反響があった。

【写真】寄り添う寝顔も可愛すぎる…マイクロブタの日常フォトギャラリー

■自社ファームでブリーディングからペット引き渡しまで、カフェはヒト社会に慣れる訓練の場

 タレントの森泉や元サッカー日本代表の前園真聖もブタを飼い溺愛していることで知られている。『mipig cafe』では店内で触れ合うだけでなく飼いたい人への販売も行っており、すでに100件以上の購入予約が入っている。犬や猫よりもアレルギーが出にくく、ブタを家族の一員として迎え入れる家庭も増えてきているという。マイクロブタの魅力を広報の北川史歩さんに聞いた。

――マイクロブタの特徴を教えてください。
【北川史歩さん】40キロ以内のブタさんのことを指します。もともとイギリスで品種改良により生まれました。生物学的には品種があるわけではなく、通常のブタさんが100キロ以上、ミニブタさんが100キロ以内、マイクロブタさんが40キロ以内、とサイズでの呼び分けとなります。人懐っこく、トレーニングを行うと、トイレの場所やジャンプやスピンなどの芸も覚える賢さを備えています。

――“マイクロブタカフェ”とはどういった場所なのでしょうか。
【北川史歩さん】店内には常時10匹以上のマイクロブタさんがいます。ただし、ブタさんもシフト制になるので、フロアに出ているブタさんの数は変動します。お茶やスイーツを食べながら、触れ合いをお楽しみいただけます。(抱っこは苦手なため、禁止です。)

――店内のマイクロブタはどのように手配されているのでしょうか。
【北川史歩さん】国内に自社ファームを持っており、ファームでお母さんの授乳期間を経てから、カフェに来ます。

――飼いたい人への引き渡しも行っているのですよね。
【北川史歩さん】ペット業界では珍しく、「ブリーディングからお客さまへのお引渡し」まで一貫しています。ペットショップへの卸などはございません。また、「受注繁殖」という形をとっているため、ご購入予約からお引渡しまで、1年~1年半近くお待ちいただくことで、“衝動買い”が出来ません。

――ペットとして受け入れられる予定のブタがカフェで暮らしているということなのですね。
【北川史歩さん】カフェでは、新たな家族に迎えられるまでの間の社会化という、ヒト社会へ慣れる訓練を行っています。カフェにいるブタさんはご購入されたお客さまのもとへ新たな家族として迎え入れられます。カフェは“ブタさんの幼稚園”のような役割が主で、お客さまには癒されながら、ブタさんのトレーニングにお手伝いいただいております。

1/2ページ

最終更新:7/15(月) 13:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事