ここから本文です

英政府が、ペルシャ湾に駆逐艦を派遣

7/13(土) 9:43配信

産経新聞

 【ロンドン=板東和正】英政府は12日、イランの小型艇3隻が英タンカーの拿捕(だほ)を試みたとして、英船舶の護衛を強化するため、イラン近海のペルシャ湾に英海軍の駆逐艦「ダンカン」を派遣すると発表した。来週にも到着し、すでに任務についているフリゲート艦「モントローズ」とともに、当面、2隻態勢で護衛などにあたる。イランが反発し、ペルシャ湾の緊張はさらに高まる恐れもある。

 英BBC放送は、2隻態勢となるのはモントローズが定期点検のため拠点としているバーレーンに戻るまでの「短期間」と報じた。

 ダンカンは、モントローズより船体が大きく、ミサイルなど対空能力なども高い。英政府報道官は、ダンカンの派遣により「極めて重要な海域を通過する船舶の航行の自由を引き続き支援できる」と強調した。

 一方、英スカイニュース・テレビは、ダンカンの派遣は米国が結成を目指す有志連合への参加が目的ではないと伝えている。

 英イランの最近の緊張関係は、英領ジブラルタルの自治政府と英海兵隊が4日早朝、イランの大型タンカーを拿捕したのが発端。イランは英国に対し報復措置をとると警告している。

最終更新:7/13(土) 9:43
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事