ここから本文です

『ガタカ』運命は遺伝子を超える。切なさに満ちた傑作SF

7/13(土) 7:01配信

CINEMORE

SF映画の主流とは外れた「異質な存在」

遺伝子が僕に背いても、夢を諦めない。
身分を偽っても、心は僕のままでいる。

 デザイン性の高さ、繊細な世界観、そして何より信念の尊さ。本作は、1997年の公開(日本公開は翌98年)以来、多くの人々の「心の聖火」となってきた。遺伝子至上主義の近未来で「欠陥品」の烙印を押されながらも、宇宙飛行士になる夢に向かって努力し続ける青年の姿を追ったSFドラマ。夢をかなえるために手を組んだ相棒との切ない友情、命がけの「身分詐称」を描くサスペンス、エリートを宿命づけられた弟との確執、本当の自分を隠した女性との恋愛、そして鑑賞後に押し寄せる深い余韻――人生の礎となるべき名作だ。

 まずは、本作が全米公開された1997年の映画を振り返ってみよう。SFに絞ってみても『フィフス・エレメント』『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』『メン・イン・ブラック』『コンタクト』『エイリアン4』と派手な作品が並ぶなか、本作は特異な存在だった。95年には『12モンキーズ』や『ウォーターワールド』、96年には『インデペンデンス・デイ』が公開された点からみても、『ガタカ』は当時のSF映画の主流からは大きく外れた映画だったといえるだろう。

 興行収入ランキングを見てみると、5位デビューの後、9位、13位と下がっており、製作費概算3,600万ドルに対して国内興収は1,253万ドル(参照:Box Office Mojo)。SNSが発展した今なら確実にバズりそうな作品だが、興行的には完全に赤字だったようだ。

 日本公開は98年の5月で、『スターシップ・トゥルーパーズ』(97)と同時期公開。当時10歳だった僕がこの映画に出会うのは、5~6年先の話だ。そのため当時の空気を語ることはできないのだが、レンタルビデオ屋で手に取った理由はSFだからではなく芸術性に惹かれたからで、当時劇場に足を運んだ方々も、似たような動機だったのではないかと思う。

 しかし、興行的に振るわなかったからといって、本作の評価が低いかといえば、全くそうではない。2011年にはNASAが選ぶ「現実的なSF映画」第1位に選出され、映画や漫画、アニメ、小説など多くの後続作品に影響を与え続けている。映画ファンのオールタイムベスト投票を行えば、まず間違いなく上位にランクインするだろう。僕自身も10代でこの映画に出会い、瞬く間に「人生の1本」となった。今もなお、その評価は変わらない。

 この世に生まれたときから異端児で、「失敗」のレッテルを貼られてもひたむきに努力し続け、やがて人々を魅了していく――映画『ガタカ』がたどった軌跡は、壁に挑み続ける主人公の姿と重なる。実にドラマティックな類似点だ。

1/4ページ

最終更新:7/13(土) 7:01
CINEMORE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事