ここから本文です

池袋駅東口に「都内最大の映画館」がオープン 10フロア2443席、内部はいったいどうなってる?

7/13(土) 9:30配信

アーバン ライフ メトロ

サンシャインシティ近くに「都内最大の映画館」

 再開発ラッシュの池袋駅東口に、都内最大となる映画館が誕生します。その名は「グランドシネマサンシャイン池袋」。同館はサンシャイン通りに7月19日(金)にグランドオープンする複合商業ビル「キュープラザ池袋」(豊島区東池袋)内に入っています。

【写真】家族で行きたい! 「キュープラザ池袋」グランドオープン後の詳細なイメージ(10枚)

 キュープラザ池袋は、ボウリング場「ブランズウィックボーリング」などの跡地を再開発したもので、東急不動産(港区南青山)とシネマサンシャインを運営する佐々木興業(豊島区東池袋)が建設。東急グループの複合商業施設「キュープラザ」としては5館目となります。

 キュープラザ池袋の建物は地下2階、地上14階建てで、そのコンセプトは「ENTERTAINMENT PLAZA(エンターテイメント プラザ)」。豊島区は2016年に「まち全体が舞台の誰もが主役になれる劇場都市」をキャッチフレーズに「国際アート・カルチャー都市構想実現戦略」を策定しており、キュープラザもその一翼を担うものとして期待されています。

 都内最大の映画館となる「グランドシネマサンシャイン池袋」が出店するのはこのキュープラザの上層階で、4階から14階の10フロアにわたり、12スクリーン・2443席の規模。映画館内は5階にワッフル店「クラッパーズダイナー」、12階にイタリアンバル「バールパノーラマ」も出店します。

 館内全12スクリーンにRGBレーザープロジェクターを導入し、国内最大級のスクリーン「IMAXRレーザー/GTテクノロジー」シアター、270度のワイドスクリーンを備えた日本初となる体感型「4DXR with ScreenX」シアターを備えます。

 また、館内各所に国内の有名クリエイティブスタジオ「WOW」がプロデュースしたインスタレーション(芸術的な空間)を設置。4階のエントランスロビーには球体に映像を投影する「Light Sculpture(仮)」が、12階のホワイエ&ラウンジには「Motion Ceiling」と題した巨大なLEDビジョンによる天井画が設けられるということで、スクリーンのみならず内装も他のシネコンとは一味違ったものとなりそうです。

 なお、シネマサンシャイン池袋は7月12日(金)を以て長年の歴史に幕を下ろしました。

1/2ページ

最終更新:7/14(日) 15:31
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事