ここから本文です

京都大学受験生の早慶、関関同立合格率は 2019年度大学入試結果追跡 関西、北陸の国公立大学

7/13(土) 15:53配信

福井新聞ONLINE

 2019年度大学入試で、京都大学など国公立大学の受験生は、私立大学はどこの大学に合格したのか? 大手予備校河合塾の大学入試結果追跡調査によると、京都大学の受験生で、早稲田大学を併願受験した受験生の早稲田合格率は33%だった。同じく同志社合格率は73%だった。

【画像】関西の雄、京都大学。早慶合格率は…

 調査は、国公立と私立を両方受験した生徒のうち「国公立と私立の両方合格」と「私立のみ合格」した人数を合わせて割合をまとめた。関西と北陸の主な国公立大学に対し、早慶や関関同立などの私立難関大学の合格率を調査した。

 関西では、大阪大学の受験生の同志社大学合格率は53%だったほか、神戸大学の受験生の関西学院大学合格率は57%だった。北陸の雄、金沢大学受験生の同志社大学の合格率は22%だった。福井大学受験生の立命館大学合格率は18%だった。

 各大学ではオープンキャンパスなどが開かれ、受験生の志望校選びが本格化する。

最終更新:8/4(日) 20:52
福井新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事