ここから本文です

アイドルグループSTU48が瀬戸内海に潜る(1)ダイビングの資格取得に挑戦!

7/13(土) 14:30配信

KSB瀬戸内海放送

 瀬戸内を拠点に活動するアイドルグループSTU48のメンバー2人がダイビングライセンスの取得を目指しました。瀬戸内海に潜り、自由に泳ぎまわる魚や海の現状を見てみたいという思いから、香川県三豊市のビーチで、練習を行いました。

瀬戸内を拠点に活動するアイドル 瀬戸内海の魅力は?

 「瀬戸内エリア」を中心に活動するアイドルグループ、STU48。劇場を備えた船、STU48号が彼女たちのステージ。瀬戸内海の様々な港で、歌やダンスを披露しています。
 ダイビングライセンスの取得を目指したのは、岡山県出身の藤原あずささんと、香川県出身の福田朱里さん。2人が感じる瀬戸内海の魅力は?

(STU48/藤原あずささん[岡山県出身])
「海を通してたくさんの方とつながれる。地域の皆さんのあたたかさ、人と人とのつながりを大事にできる場所だと思います」

(STU48/福田朱里さん[香川県出身])
「どこから見てもどこか違った景色が見えたりとか、島の面白さがあるとこです。魚とかが安くておいしいです。日本の穴場だなって思います」

海に潜る第一歩、ライセンスの取得

 三豊市仁尾町のビーチで、ライセンス取得のため講習を受けます。指導してくれるのは、丸亀市のダイビングショップ、「Blue blue」の代表をつとめる、廣瀬早起さんです。

廣瀬早起さん「2人は今まで海で泳いだりしたことありますか?」
福田朱里さん「泳いだことはありますが、なにか機材をつけて潜ったりとかはないです」
藤原あずささん「私は、泳いでるっていうよりは、浮かんでるって感じです(笑)」

―はじめての意気込みは?
藤原あずささん「泳ぐのが苦手な人でもどれくらいダイビングできるのか、っていうのを今回、体験していきたいと思います」
福田朱里さん「身近な存在なので、瀬戸内海は。楽しみです!」

ライセンス取得への3ステップ

 「ライセンス取得」のためには、3つのステップがあります。1つは、知識を身につけるための、「学科講習」。2つ目は、浅瀬で技術を学ぶ、「限定水域講習」。そして3つ目は、本格的に潜る、「海洋実習」です。
 学科講習の終了後は筆記試験があるので、勉強にも熱が入ります。水の中はしゃべれないので、手を使って、意思を伝える「ハンドシグナル」の方法も学びます。

1/2ページ

最終更新:7/17(水) 20:35
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事