ここから本文です

TOKIO「恩返しできたら」8年目の福島CMキャラ、城島と松岡出演の新CM完成

7/13(土) 7:51配信

MusicVoice

 TOKIOの城島茂と松岡昌宏が12日、都内でおこなわれた『「ふくしまプライド。」新CM発表会』に出席。同発表会では、13日から首都圏、関西、北海道、福島県内で順次オンエアされる城島出演のテレビCM「桃」篇、松岡出演の「夏野菜」篇の完成版を報道陣に披露。城島は「福島の方々に支えられて活動してきたので、いろんな恩返しができたら」と8年目のCMキャラクターを務める、福島への特別な想いを語った。

 福島県は東日本大震災発生以降の2012年から、県産農林水産物のおいしさなどの魅力や安全性について情報発信の取り組み強化の一環としてCMキャラクターにTOKIOを起用。「ふくしまプライド。」をキャッチフレーズにテレビCM・グラフィック広告を制作しオンエアしてきた。

 同発表会の冒頭で、内堀雅雄福島県知事は「TOKIOの皆さんは震災前から、そして震災後も福島の地に熱い想いを持って応援してくれました。そして、そのことに理解を示して応援して下さったジャニーさんが亡くなられました。ご逝去に接し、改めてお悔やみの想いを申し上げたいと思います」と9日に逝去した、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川さんを偲んだ。

 城島は「今年も福島県の農産物のCMキャラクターに選んで頂けて光栄です。メンバー一丸となって福島の農林水産物をPRできたら」と8年目も変わらぬ意欲を見せた。松岡は「番組で米づくりもさせてもらって、現場の農家一人ひとりの方々の声も僕らの耳に入って来ていますので、そういう声も僕らを通じて届いてくれたら」と語る。

 また、城島が「今年も福島で19年目となる田植えをやって来ました。メンバー総出で、福島の農家の皆さんと福島の風に吹かれながら楽しい毎日を過ごせています。普段は都内各地も回っていますが、福島に行くと『帰って来たな』という思いがして時間が経つのも忘れます」と福島への特別な想いを明かすと、松岡が「よくもまあ噛まずに言えましたね(笑)。きっとジャニーさんも喜んでいるんじゃないでしょうか」とツッコミ、城島が「ジャニーさん、頑張ってるよ!」と天を仰ぎ、二人のジャニー喜多川さんへの想いが垣間見える場面も。

 新CMを制作を務めた福島県クリエイティブディレクターの箭内道彦氏は「真っ直ぐ、実直にということを大切にしつつ、チャーミングさやユーモアを取り入れながら窓口を広げたいと思っていました。TOKIOの皆さんのもともと持っている実直さとエンターテインメント性を取り入れたつもりです」と新CMについてその狙いを明かす。

 松岡は「8年経つと、チームワークも成長していて、普通CMの撮影だと8時間くらいかかるのですが、『ふくしまプライド。』だと1時間半くらいで終わってしまって。そのくらいスムーズに進行しました」と撮影秘話を明かす。

 「桃」篇では城島が銭湯の脱衣所でTシャツ姿で力こぶを見せながら、福島の桃をかじるというもので、「夏野菜」篇では松岡が居酒屋できゅうりを丸かじりする。

 城島は「あと30年くらい、キンプリくらい若かったら(上半身)裸になったんですけどね」と後輩のKing & Princeを持ち出し自虐して、会場の笑いを誘った。

 番組で訪れたことがある居酒屋での撮影だったという、松岡は「行ったら『おかえり』と言って頂けて。後ろに居酒屋の方にも映って頂いて、本当に和気あいあいと撮影しました」と振り返る。

 内堀県知事は「城島さんと松岡さんの『福島県産の農産物大好きだよ』という思いが表情だけじゃなく、全身で表現して頂いているところが嬉しい。もう一つ、『んだ、んだ』という『そうだね』と同意を示す方言がバッグミュージックのように流れていて、農家の方や福島の方のTOKIOさんへの同意がこもっているように感じたことも好きなところです」と新CMについて語る。

 さらに、発表会では福島県産の桃ときゅうり、トマトを登壇者が試食。城島は桃を口に入れ「みずみずしくて甘くてとろけちゃいますね」と言い、松岡はきゅうりを食べ「美味しいですね。これでビール飲めます」と絶賛。

 松岡は「作物を作っている方々がとにかく明るいんですよね。今年は梅雨寒で大変だと思うんですけど、またそれはそれに合わせて対応していこうという声も僕らに届いています。きっとそういうポジティブさが美味しさに繋がっているんじゃないかなと」福島県産の作物のおいしさの秘訣について持論を述べた。

 最後に、城島は「福島ならではの風景だったり、寒暖差の中で育つ作物や自分たちで育てたものには人一倍愛着があります。福島の方々に支えられて活動してきたのでいろんな恩返しができたらと思います」と改めて福島への想いを語った。

 松岡は「僕らはこれからも福島の方々と一緒に成長しながらアピールできたらと思います」と意気込んだ。【取材・撮影=松尾模糊】

最終更新:7/13(土) 7:51
MusicVoice

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事