ここから本文です

関東一の提燈山車が迫り合う 久喜で夏の風物詩「提燈祭り」、駅前で歓声 18日午後も祭り開催

7/13(土) 9:56配信

埼玉新聞

 提燈山車が優雅に舞う-。埼玉県久喜市の夏の風物詩「提燈(ちょうちん)祭り」が12日、久喜市旧久喜地域の中心市街地で開かれた。

越谷イオンで沖縄フェア 糖度15度以上のパインや特産の泡盛「味わい楽しんで」、キャラバン隊がPR

 毎年7月12日と18日に開かれる伝統行事。関東一と呼ばれる提燈山車は高さ約7・5メートルで、総重量は4トンにも及ぶ。昼は人形山車、夜は提燈を飾り付けた提燈山車に組み替え、引き手が山車を引き回す。

 この日は午後8時すぎ、駅西口ロータリーに各町の提燈山車が集結。提燈をまとった上部が回転、山車同士が迫り合うと、会場は歓声に包まれた。祭りは18日午後にも開かれる。

最終更新:7/13(土) 9:56
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事