ここから本文です

国産ごぼうを丸ごとチップスにした 宮崎発の「ゴボチ」に注目!

7/13(土) 20:00配信

magacol

子どもの学校が同じで、家も近所のママ仲間の3人。互いの家に遊びに行くときは、ちょっと珍しいお菓子を持って行き、どこで買ったのかなどと話題にしています。
宮崎県に祖父母宅があるという遠藤さんがお土産に持参してから、おやつにおつまみに、料理のアレンジに使えると好評なのがごぼうスナック「ゴボチ」です。

宮崎土産の新定番 揚げごぼうのシンプルなスナック

「ゴボチは5~6年前に発売されて以来、宮崎へ遊びに行くと必ず買うお土産です。実は宮崎はごぼうの産地として有名で、宮崎空港では目立つ場所にゴボチがたくさん並んでいて、宮崎土産の新定番として定着しつつありますね。ごぼうをチップス状に揚げて味つけしたシンプルなスナックなんですが、だしが効いた醤油ベースの味がベースになっていて、サクサク食べられます。ごぼう特有の苦みや臭みがまったくないので、ごぼうが苦手な方にもぜひ食べてみてほしいです。今までは宮崎でしか買えなかったのですが、最近は成城石井でも見かけるようになり、都内で買えるお店が増えていてうれしいですね」(遠藤さん)

細かく砕いて冷ややっこのトッピングに

味はプレーン醤油をはじめ、ピリ辛味、ブラックペッパー味などがあり、濃いめのしっかりした味つけ。今の季節には、「ピリ辛味」を冷ややっこのトッピングにするのがイチオシの食べ方です。

「ゴボチは手で簡単に砕けるので、ビニール袋に入れてバリバリ細かくするだけでトッピングにぴったりの大きさに。包丁やはさみなど不要で、手も汚れないのがいいですね。ピリ辛味は、プレーン醤油味に国産唐辛子で辛みをプラスしてあるので、豆腐との相性抜群!水菜を使った和風サラダに振りかけても美味しいですよ」(川村さん)

お好み焼きに入れるとコクが出て 美味しさ三割増し

砕いたゴボチは、お好み焼きに混ぜたりトッピングするとコクが増し、家のお好み焼きがワンランクアップ!

「普段のお好み焼きの材料に砕いたゴボチを入れるだけで、しっかり味がついてかなり美味しくなります。天かす代わりに入れる感じですね。子どもと一緒に食べるときは、辛くないプレーン醤油味を使います。焼き上がったお好み焼きにトッピングすると、パリパリ食感が加わるのも楽しくて、ついたっぷりのせて食べちゃいます」(瀬井さん)

ほかには、「ごぼ天感覚でうどんにのせるのも手軽でおすすめ」と遠藤さん。期間限定の味はその時しか買えないので、ゴボチのサイトなどでチェックしてみてくださいね。

ゴボチ(左から)ブラックペッパー味、ピリ辛味、楽喜(ラッキー)スパイス味、プレーン醤油味 各37g入り¥360(税込)/デイリーマーム

撮影/相澤 琢磨(光文社写真室) 取材・文/富田 夏子

最終更新:7/13(土) 20:00
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事