ここから本文です

大平亜季が一人浮きの快勝「今日の目標が達成できた」/麻雀・プリンセスリーグ

7/13(土) 14:01配信

AbemaTIMES

 女流プロ24人が頂点を争う麻雀ウォッチ・プリンセスリーグの第2節、予選Cブロック2卓が7月12日に行われ、大平亜季(最高位戦)が+159.2の一人浮きで、卓内トップを取った。

 前節を終えてブロックで暫定4位につけていた大平は、1回戦を2着で終えると、2回戦に6万点超の大トップ。3回戦で4万点近い2着、最終4回戦でも5万点オーバーのトップを取るなど、会心の出来で快勝した。これで2節終了時点では、ブロック首位に。「最終節で上位争いが出来る位置にいるのが今日の目標だったので達成できてよかったです。最終節も頑張ります」と、口も滑らかだった。

【試合結果】

1位 大平亜季(最高位戦) +159.2
2位 白田みお(RMU) ▲31.7
3位 麻生ゆり(協会) ▲44.6
4位 三添りん(協会) ▲82.9

※協会=日本プロ麻雀協会、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会

【第2節Cブロック1卓終了時点での成績】カッコは対局数/予選対局数

1位 大平亜季(最高位戦)+186.6(8/12)
2位 麻生ゆり(協会)+61.2(8/12)
3位 愛内よしえ(協会)+55.0(8/12)
4位 三添りん(協会)+51.0(8/12)
5位 中里春奈(最高位戦)▲40.3(8/12)
6位 石井あや(最高位戦)▲45.2(8/12)
7位 杉村えみ(協会)▲63.2(8/12)
8位 白田みお(RMU)▲205.1(8/12)

◆麻雀ウォッチ・プリンセスリーグ 最高位戦日本プロ麻雀協会、日本プロ麻雀協会、麻将連合、RMUの4団体から総勢24人の女流プロが集結し頂点を争う。24人を3ブロックに分けての予選(1人12半荘)、予選3~5位によるプレーオフ、予選1、2位+プレーオフ勝ち上がり者による準決勝、準決勝勝ち上がり者による決勝と進行していく。プレーオフ以降、予選のポイントはリセットされる。

最終更新:7/13(土) 14:01
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事