ここから本文です

アンジェラ・リー、ストロー級2連敗 3カ月ぶりの復帰戦を飾れず

7/13(土) 18:13配信

AbemaTIMES

 7月12日マレーシア・クアラルンプールで開催された総合格闘技イベントONE Championship「ONE:MASTERS OF DESTINY」で、3カ月ぶりの復帰戦に臨んだアンジェラ・リーは(シンガポール)は、ミッシェル・ニコリニ(ブラジル)と対戦。判定の末3-0で敗戦した。3月のション・ジンナンとのタイトル戦に続き、階級をあげたストロー級への挑戦は2連敗という結果に終わった。

 世界的ムーブメントから定着期に入った女子格闘技。アジアでトップを走り続けてきた象徴的な選手がアンジェラ・リーだ。アトム級では、日本のVV Meiとの激戦を繰り広げ同階級で無敗の絶対王者に。キャリアでは交通事故による長期離脱を経験しながら逆境を乗り越えた強さも、国籍を超えた人気の理由だ。そんなアンジェラが2019年、掲げたのが ONE Championship初の女子2階級制覇だった。

 しかし3月の東京大会で2階級制覇を目指し対戦した女子ストロー級王者のション・ジンナン(中国)に壮絶な打ち合いの末に5ラウンドKO負け。総合格闘家として人生初の黒星を喫したアンジェラ。試合は拮抗した内容だったが、最終的にはションの不屈の精神とパワーにあと一歩のところで屈するという初めての挫折だった。精神的にも肉体的にもダメージが大きかったものの、5月に弟のクリスチャンが青木真也とのタイトルマッチに勝利したことなどが心の支えとなり、約3カ月での復帰戦に臨むことになった。

 対戦相手のミッシェル・ニコリニとも因縁があった。所属するジム・EVOLVEでかつて同門時代に稽古でアンジェラのキックに徹底的にやり込められた過去を激白、その後ジムを離脱するなどわだかまりがあったようだ。ブラジリアン柔術で頂点を極めMMAに進出したミッシェルにも意地がある。激しい舌戦こそないが2人のバチバチな関係はメディア内外の発言や空気からもあからさまだ。強いていえばロンダ・ラウジーとミーシャ・テイトのONE Championship版という関係性に近いだろうか。

1/2ページ

最終更新:7/13(土) 18:13
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事