ここから本文です

中高年の引きこもりは61万人、増加する「引きこもり夫」の特徴や環境とは

7/13(土) 17:15配信

LIMO

引きこもりの男性が関係する事件が相次いだことで、「大人の引きこもり」に注目が集まっています。引きこもりというと、結婚をしていない人が親と同居しているイメージが強いですが、実際には既婚男性の引きこもりも多いのです。

そこで今回はそんな「引きこもり夫」の実態と、引きこもりになりやすい性格や環境についてお話します。

意外と多い「引きこもり夫」の実態とは?

つい数年前までは、引きこもりイコール学生などの若い人に多いものと考えられていました。

しかし内閣府によって公表された『生活状況に関する調査 (平成30年度)』によると、引きこもっている人の多くが40代以上の中高年という結果が出ています。また同居している家族構成では、1番多い「母」に続いて、「配偶者」が2番目に多いのです。

同調査の推計では、40~64歳人口(総務省『人口推計2018年』によると4235万人)中、広義のひきこもりは61万3000人とされています。

(「広義のひきこもり」とは、自室からほとんど出ない人から趣味の用事のときだけ外出する状態かつ、その状態が6カ月以上続いていることを指す。しかし病気である場合や、妊娠、育児、介護、専業主婦・主夫などで6カ月以内に家族以外の人と会話した人を除外。また在宅ワーカーや自営業なども除く)

この調査結果から既婚の中高年層の引きこもりが多いという実態が見えてきます。また、この調査では引きこもりと考えられる人の7割以上が男性なので、引きこもり夫が多く存在するということが推測されるのです。

実際に夫が引きこもりになってしまったという相談が、カウンセラーや研究施設に寄せられる頻度も増えてきているのだそう。

「引きこもり夫」になりやすい性格とは?

 1.「自己肯定感」が低い

ここまで読んできて「もしかしたら自分の夫も引きこもるのでは?」と不安になる方も多いですよね。そこでここからは引きこもりになりやすい性格を考えていきましょう。

引きこもりになりやすい性格の1つが、自己肯定感の低い性格です。何をしても「自分はダメ」「自分なんて」と考えてしまいがちな人が、引きこもりになりやすいといわれています。

 2.頑張りすぎる

仕事や勉強に対して頑張りすぎる性格の人も、引きこもりになりやすいといわれています。これは「きちんとした結果が出るまで」と頑張って、実現できなかったときに心が折れてしまい、自分の殻に閉じこもってしまうという性格です。

 3.自分の意見を言えない

自分の意見や気持ちを周りに伝えないという人も、引きこもりになりやすい性格。周囲に遠慮してしまい自分の意見を言えない人は、周りに流されてしまい人間関係に疲れ、自分を守るために引きこもるということが多いのだそうです。

1/2ページ

最終更新:7/13(土) 18:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事