ここから本文です

C・エヴァンス、K・ファイギも称賛! ルッソ監督は「大胆かつ芸術的なフィルムメーカー」

7/13(土) 11:50配信

クランクイン!

 世界中で大ヒットを記録した『アベンジャーズ/エンドゲーム』のMovieNEXが早くも9月4日に発売、8月7日より先行デジタル配信開始となる。本作を含め、“マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”シリーズの作品を多数手掛けてきたアンソニー&ジョー・ルッソ監督に、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスやマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギらが称賛のコメントをおくっている。

【写真】『アベンジャーズ/エンドゲーム』スペシャルスクリーニングの様子


 アンソニー&ジョー・ルッソ監督は、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、そして『アベンジャーズ/エンドゲーム』を手掛けてきた、MCUシリーズには欠かせない2人。

 4本の作品すべてに出演しているキャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスは、「彼らはものすごく気さくな人柄なんだ。そのおかげでみんなの緊張がほどけて現場の雰囲気が良かったし、全員がチーム一丸となって撮影に臨むことができたんだ」と監督としての手腕を絶賛。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』のキーパーソンと言っても過言ではない、サノスの娘ネビュラ役のカレン・ギランも「監督たちは、役者を含めたチームみんなで本作のストーリーを作りあげていくことを望んでいたし、彼らがキャラクター全員に精力を注ぎこんでいるからこそ、それが実現できたの。これほど多くのキャラクターの物語をまとめあげられるなんて、本当に素晴らしいわ」と、彼らがMCU作品とキャラクターに注ぐ愛情に称賛の声をあげた。

 マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギも「彼らは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で見せてくれたように、これまでにない方法で観客の期待を満たしたり覆したりすることができる、大胆かつ芸術的なフィルムメーカーだよ」と太鼓判を押している。

 現在、MovieNEX発売決定を記念し、『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイトにて「今すぐアッセンブル!“We love you 3000”ルッソ監督へ届けこの想い!キャンペーン」を実施中。『アベンジャーズ/エンドゲーム』を見て感じた想いや、監督たちへの熱いメッセージを「#ルッソ監督に届けキャンペーン」「#3000回愛してる」をつけてツイートすると、抽選でオリジナルグッズなどが当たる。さらに、集まったメッセージを、ルッソ監督へ直接届ける企画も進行している(応募は8月31日まで)。

最終更新:7/13(土) 11:50
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事