ここから本文です

BAROQUE、4年2カ月振りとなるニューアルバム『PUER ET PUELLA』詳細&アートワーク解禁

7/13(土) 12:00配信

E-TALENTBANK

7月30日にBAROQUEがリリースする通算4作目のオリジナルアルバム「PUER ET PUELLA」がついに完成、その詳細とアートワークが解禁された。

タイトルの読み方は「ピュエル エ ピュエラ」で、〝少年少女″を意味するラテン語。メンバーはこの作品のコンセプトについて、「この世に生を受けて成長していく少年と少女 時に不条理な現実世界を生きる 人との関わり合いの中で見つけたものと失ったもの 最後にその心に描くヴィジョンはどんな景色だろうか。」とのコメントを発表。宇宙に魂が存在し始めるところまでを描いたのが前作『PLANETARY SECRET』(2015年5月27日リリース)だとすれば、魂が現実世界に人として誕生した〝その後″を描いたのが今作だという。解禁されたジャケットは、まさにそのピュアさ、始まりのイメージを具象化しており、音楽はもちろん、アートワークの細部に至るまで美意識と世界観を貫くBAROQUEらしい仕上がりとなっている。

2016年にL’Arc~en~CielのKenをプロデューサーとして迎えたシングル「GIRL」をはじめ、アルバム収録を見据えて産み落とされてきたシングル群に、新章の幕開けにふさわしく、すべてを包み込み許すような壮大なタイトル曲「PUER ET PUELLA」などが加わり、心を強く揺さぶる楽曲たちがひしめく。

また、来る7月13日、ユナイテッド・シネマアクアシティお台場で開催されるアルバム先行視聴会は、前売り予約のチケットが予定数を超え、プレミアムなイベントになりそうだ。視聴会終了後には、アルバム予約者を対象としたアウトストアイベント(握手会)が実施される。

全国ツアー「THE BIRTH OF LIBERTY」は7月24日の愛知県・名古屋Electric Lady Land公演からスタートし、2020年1月10日の神奈川県・ハーモニーホール座間 (大ホール)まで、年を越えて開催する。2人体制で歩み始めて2作目のアルバムにして、大きな飛躍を遂げたBAROQUEの〝今″をぜひ、体感してみてはいかがだろうか。

株式会社イータレントバンク

最終更新:7/13(土) 12:00
E-TALENTBANK

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事