ここから本文です

阪神原口、球宴2戦連発! 近本先頭弾&梅野2者連発、甲子園で阪神勢大暴れ

7/13(土) 19:04配信

Full-Count

原口は2回先頭で高橋光から左翼スタンドへの一発

■セ・リーグ – パ・リーグ(13日・甲子園)

 阪神の原口文仁捕手が、2試合連続の本塁打を放った。13日、本拠地甲子園球場での「マイナビオールスターゲーム2019」第2戦。2回に迎えた第1打席で左中間に飛び込む本塁打を放った。

【一覧】「マイナビオールスターゲーム2019」 出場選手一覧

 この日「7番・指名打者」でスタメン出場した原口。2回先頭で打席に立つと、1ボール2ストライクからの5球目、西武高橋光の真っ直ぐを弾き返すと、打球は左翼スタンドへと飛び込んだ。

 大腸ガンから復活を果たした原口。プラスワン投票でオールスターに選出されると、前日の第1戦では9回2死で代打で登場し、左中間スタンドへの2ランを放っていた。これに続く2打席連発に本拠地も割れんばかりの大歓声に包まれていた。

 初回には近本光司外野手が先頭打者本塁打を放ち、原口のあとを打つ梅野にも本塁打が飛び出した。甲子園でのオールスターで本拠地としてプレーする阪神勢が3本塁打と活躍を見せている。

Full-Count編集部

最終更新:7/13(土) 19:12
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事