ここから本文です

キャシディ首位、オワードはホンダ勢トップ【タイム結果】2019スーパーフォーミュラ第4戦富士 土曜フリー走行

7/13(土) 10:19配信

オートスポーツweb

 2019年全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦富士の土曜フリー走行が行われ、VANTELIN TEAM TOM'Sのニック・キャシディがトップタイムをマークした。ホンダ勢の最上位は、今回の富士がスーパーフォーミュラデビュー戦となるパトリシオ・オワード(TEAM MUGEN)で、8番手のタイムを記録。レッドブル育成ドライバーとしてのポテンシャルの片鱗を見せる内容となった。

 心配された雨も上がり、曇り空のなか、手元の計測では気温20度、路面温度26度というドライコンディションで60分間のフリー走行がスタート。

 各車が序盤から積極的にコースへ出て行き、開始10分を迎える頃には早くもキャシディがソフトタイヤで1分22秒868をマーク。金曜専有走行をトップで終えたアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)が同じくソフトタイヤで1分23秒301で2番手に、野尻智紀(TEAM MUGEN)がミディアムタイヤで1分23秒609で3番手に続いた。

 大きな混乱もなく、キャシディがトップのままセッションの折り返しを迎えたが、残り時間が29分を切ったところで、15コーナー(GRスープラコーナー)の立ち上がりで国本雄資(KONDO RACING)がスピンを喫しコース上でストップしてしまった。これにより赤旗が掲示され、セッションは中断となった。なお国本のマシンは再度エンジンがかかったようで、国本は自力でガレージへと戻った。

 すぐにセッションは再開され、再び多くのマシンがコースイン。石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)がソフトタイヤでキャシディに続く1分22秒955を記録して2番手に浮上すると、石浦は連続アタックを行い、1分22秒801とトップタイムを塗り替えた。またオワードもソフトタイヤで1分23秒057をマークして3番手につけ、小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)が1分23秒079で4番手に続いた。

 終盤には中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM'S)が1分22秒959を計測して3番手に浮上。残り時間が1分となる頃には山下健太(KONDO RACING)が1分22秒730というタイムでトップに立った。このままセッションが終了するかと思われたが、終了間際にキャシディが1分22秒569でトップに浮上し、関口が1分22秒961で2番手に。山下が3番手というトップ3でセッションは終了した。ホンダ勢の最上位は、8番手のオワードとなっている。

■2019全日本スーパーフォーミュラ選手権 第4戦富士 土曜フリー走行タイム結果(編集部計)

天候:曇り 路面:ドライ
Pos./No./Driver/Team/Engine/Time
1/37/N.キャシディ/VANTELIN TEAM TOM’S/TOYOTA/1’22.569
2/19/関口雄飛/ITOCHU ENEX TEAM IMPUL/TOYOTA/1’22.691
3/3/山下健太/KONDO RACING/TOYOTA/1’22.730
4/38/石浦宏明/JMS P.MU/CERUMO・INGING/TOYOTA/1’22.801
5/4/国本雄資/KONDO RACING/TOYOTA/1’22.932
6/39/坪井翔/JMS P.MU/CERUMO・INGING/TOYOTA/1’22.948
7/36/中嶋一貴/VANTELIN TEAM TOM’S/TOYOTA/1’22.959
8/15/P.オワード/TEAM MUGEN/HONDA/1’23.057
9/18/小林可夢偉/carrozzeria Team KCMG/TOYOTA/1’23.079
10/5/福住仁嶺/DOCOMO TEAM DANDELION RACING/HONDA/1’23.219
11/1/山本尚貴/DOCOMO TEAM DANDELION RACING/HONDA/1’23.267
12/16/野尻智紀/TEAM MUGEN/HONDA/1’23.283
13/8/大嶋和也/UOMO SUNOCO TEAM LEMANS/TOYOTA/1’23.289
14/64/A.パロウ/TCS NAKAJIMA RACING/HONDA/1’23.301
15/20/平川亮/ITOCHU ENEX TEAM IMPUL/TOYOTA/1’23.390
16/17/塚越広大/REAL RACING/HONDA/1’23.557
17/65/牧野任祐/TCS NAKAJIMA RACING/HONDA/1’23.624
18/51/H.ニューウェイ/B-Max Racing with motopark/HONDA/1’23.702
19/7/A.マルケロフ/UOMO SUNOCO TEAM LEMANS/TOYOTA/1’23.891
20/50/L.アウアー/B-Max Racing with motopark/HONDA/1’24.085


[オートスポーツweb ]

最終更新:7/13(土) 10:19
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事