ここから本文です

高校日本一へ579選手闘志 総体など、県選手団壮行式

7/13(土) 1:31配信

北國新聞社

 24日開幕の全国高校総体(インターハイ・感動は無限大南部九州総体2019)など、夏の全国大会に出場する石川県選手団の結団壮行式は12日、金沢市のいしかわ総合スポーツセンターで行われ、総勢579選手が高校日本一へ闘志を新たにした。

 前田一弘県高体連会長が旗手の中屋龍之介選手(バスケットボール男子・北陸学院)に団旗を手渡し、あいさつした後、谷本正憲知事、生徒代表の浦まなみさん(北陵高)が激励した。

 ヨット男子の岩城海聖(羽咋工)、卓球女子の三島日菜之(遊学館)両選手が「最高の舞台で最後まで諦めず、全力で戦う」と宣誓した。田中新太郎県教育長のリードで「勝つぞ、勝てるぞ、頑張るぞ」を唱和した。

北國新聞社

最終更新:7/13(土) 2:03
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事