ここから本文です

鹿島がセルジーニョ2発など攻撃爆発で2連勝! 仙台はGKシュミットのラストゲームで今季最多タイ4失点

7/13(土) 20:54配信

ゲキサカ

[7.13 J1第19節 仙台0-4鹿島 ユアスタ]

 J1第19節が13日に行われ、4位鹿島アントラーズは敵地で11位ベガルタ仙台に4-0で勝利した。前半16分と同アディショナルタイム1分にFWセルジーニョ、後半22分にMF白崎凌兵、同30分にFW土居聖真がそれぞれゴール。2連勝で5試合負けなし(3勝2分)とした。

 クラブ史上初のホーム6連勝中で今節を迎えた仙台は、前節・浦和戦(0-1)から先発メンバーを2人変更。負傷のDFシマオ・マテ、出場停止のMF椎橋慧也に代わり、MF蜂須賀孝治とMF富田晋伍が起用された。また、シントトロイデン(ベルギー)移籍が決まったGKシュミット・ダニエルにとっては仙台でのラストゲーム。対する鹿島は、J1通算500勝を達成した前節・磐田戦(2-0)と同じ11人で臨んだ。

 開始から押し気味にゲームを進めた鹿島は前半11分にビッグチャンスを迎える。DF永木亮太のスルーパスからFW土居聖真がPA内右に抜け出し、GKシュミットとの1対1から右足でシュート。しかしシュミットに当たり、わずかにゴール左外へそれた。

 それでも前半16分に均衡を破る。右サイドの土居からのクロスは味方に合わないが、PA内左へ流れたボールにDF小池裕太が反応。左足で中央へ蹴り返し、ゴール前のセルジーニョが左足で叩き込む。セルジーニョは3試合ぶりの得点となった。

 先制を許した仙台は前半23分にアクシデント。FW長沢駿が左のハムストリングを痛めて座り込み、担架で運び出される。同24分、長沢に代わってFWハモン・ロペスが緊急投入された。

 追加点を狙って畳み掛ける鹿島。前半28分にはセルジーニョの落としからMFレアンドロが右足で強烈なミドルシュートを放つも、ゴール右隅を突いたボールは横っ飛びしたGKシュミットに弾き出される。続く右CKの流れから、左ポストの跳ね返りをDF町田浩樹がヘッドで押し込むが、オフサイドを取られた。

 鹿島の攻勢が実ったのは前半アディショナルタイム1分。パスワークで相手の最終ラインを揺さぶり、PA内右に抜け出した土居が折り返す。DF大岩一貴に当たったボールをセルジーニョが右足で蹴り込み、今季5得点目を挙げた。

 後半の立ち上がりは仙台がサイド攻撃を主体にゴールへ迫る。しかし、相手の守備を崩し切れずにいると、鹿島が後半22分に大きな追加点を奪った。

 右サイドのレアンドロからのクロスにセルジーニョが頭で合わせ、GKシュミットにセーブされるが、こぼれ球の先には白崎。右足のボレーでネットを揺らし、今季4ゴール目を記録した。

 鹿島の猛攻は止まらない。後半30分には途中出場MF名古新太郎からパスを受けたセルジーニョがPA内右から折り返し、ファーの土居が右足でプッシュ。4戦ぶりとなる今季4点目で試合を決定づけた。

 今季最多タイ4失点となった仙台は、反撃を試みながらも最後まで得点を挙げられず、0-4の大敗。リーグ戦2連敗を喫し、ホームでの連勝は6でストップした。

最終更新:7/13(土) 23:35
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事